ご挨拶

Kirittaiにお越し戴きありがとう御座います。

 

私達は、東大阪市の片隅で小さなギャラリーをしながら、各地の出展や体験講座実演等で、立体切紙のKirittaiを広めております。

私が2007年に初めて立体の切紙を始め、2008年に自宅ショップを始めました。初めは手作りの作品を色々と販売しておりましたが、先の見えない全くの素人の作品でありました。1年2年とお客様方に支えられて、Kirittaiと言う切紙を確立することが出来ました。1枚の紙を切って創るKirittaiには約束事があり、何も加えない、色を付けない、糊付けはしないと言う自身のこだわりを持って、1枚で表現できる生き物を、紙に命を宿すというコンセプトで追求しております。最近は、多色のキリッタイに挑戦しております。最初に何色かの紙を1枚にして切り抜くという難しい技術に取り組んでおります。お陰さまで、2011年頃よりテレビやラジオ、新聞などで取り上げていただき、少しは皆さまにもお目にかかるようになりました。2014年8月には待望の本を出版することが出来、現在も書店やネット上で販売されております。

これからも、更に精進しながらKirittaiを窮めてまいりたいと思っております。それには、皆さまのお力がどうしても必要であります。体験講座のご依頼や、実演のご依頼、また作品のご依頼など皆様からの暖かいお言葉を心よりお待ちしております。2016年の体験講座のご依頼の中には、静岡県下田市の稲生沢保育園にて、保育士の先生方に体験講座を開かせて戴きました、3年越しのご依頼は心よりありがたい講座となりました。

2016年の個展は美濃和紙の里会館にてkirittaiとコイケアカリの世界という展示をさせて戴き、延べ10,000人のお客様にご観覧戴けました。2017年は、東近江大凧会館世界凧博物館において、kirittaiと竹細工の2人展をさせて戴きました。竹細工の牧寺さんとはお友達で、今回の展示にお誘いさせて戴きました。体験教室や実演など、沢山の皆様にお越し戴き感謝しております。

2018年は?

 新年早々の2018年1月3日より13日まで神戸三宮Gallery6にて、おせち展に参加出展させて戴きます。作品はお節にちなんだ物という事で

お友達の横道佑器さんからご依頼を戴きました。33名の作家さんが参加されます。どのような展示になるかはお楽しみに。

夏は芦屋喜楽苑Galleryにて個展を予定しております。

詳細はまた来年お知らせさせて戴きますので、宜しくお願い致します。 

 

※画像は東近江市生きものの森にて(東近江大凧会館展示作品の寄贈)

               

                              創作立体切紙作家 大東 守 

                              アシスタント 大東 さえ子                                2017・12・26更新

 

 

 

 

 

 

 

下記リンクから本の中身をご覧戴けます。 

 

 

 

立体切紙キリッタイ

 

 

 

 

 

立体切紙キリッタイは全国の書店アマゾンなどのWEBショップでお買い求め頂けます。

 

立体切紙キリッタイ書籍サイト

T-REX MASK

テイラノサウルスのお面をKirittaiしております。